事務代行の需要はどこにあるのか?

①相手が個人事業主の場合


副業を行っている会社員の場合、
とにかく忙しいので、
依頼される可能性はあります。
しかしながら、
ある程度売上を上げている人でないと
仕事は長続きしません。

高額講座は「前払い」や
「一定期間の分割払い」に対して、
事務代行の仕事は
「契約ストップするまで
仕事が続きます」
↓↓↓
長期間になればなるほど、
高額になっていきます。

本業としてやっている場合、
ある程度売上を上げている人からなら、
事務代行の仕事を
いただける可能性はあります。

②相手が法人の場合


Photo by ThisIsEngineering on Pexels.com

どうすれば法人からの
仕事を獲得できるのか?
については
講座内でご説明しています。

30分無料相談会でも
ご質問をお願いいたします

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。